M&Aで多角経営に挑戦する

M&Aとはどんなものか?

M&Aとは企業の合併買収の事で複数の会社が一つに合併したり、一つの会社が他の会社を買収する事を指します。合併や買収以外にも企業同士が提携する事もM&Aと呼ぶ事があります。M&Aで譲受け企業は時間やリスクを少なく新しい事業を始められたり、既に行っている事業を拡大できます。
安定した収益を生んでいる事業がある企業でも新しい事業を始める為の準備をするには時間もかかりますし、設備投資などをする事でリスクも発生します。企業を買収する事で一から新しい事業を始められる体制を整えるまでの時間とリスクを軽減できるので、経営の多角化を進めるきっかけを作れます。M&Aで企業を買収する時は費用がかかるので、譲受け企業にとって効果の高いM&Aを行わないと企業にとってマイナスになるので注意が必要です。

多角化を進めながら相乗効果を狙える

既に安定した利益を出せている事業がある企業が資本を使って他の事業を行ってる企業を買収する事で新しい事業に参入できるので、経営の多角化が実現できます。新しい事業を始めるには必要な設備を整えて業務を行うシステム作りをしないといけません。さらに業務を行うスキルのある従業員を必要なだけ用意する必要もあります。これらの事業を行う為の経営資源が整ってる企業を買収する事で時間とリスクを軽減して新しい事業に参入できるわけですが、既存の事業にも良い影響を与える事ができます。 既存の事業と組み合わせて新しい商品やサービスを提供したり、双方のノウハウを活かして業務を効率化する事で事業の多角化以上のメリットを得られます。その為には買収を検討する段階でミスマッチな企業を選ばないように買収する企業を選ぶ事が大切です。

© Copyright M&A Seminar.All Rights Reserved.