M&Aに強い企業をつくるには?

効率的に事業の拡大を行う

M&Aは企業の買収や合併の事で譲受け企業は他の企業を買収する事で一から新しい事業を始めるよりも事業を開始できるまでの時間もかかりませんし、コスト的も有利です。既に利益を出している事業を持っている企業でも新しく事業を始める為の経営資源を整えるのは大変な事です。事業に必要な設備を整えて業務を行う為のシステム作りと人材の確保が必要だからです。
これらの経営資源をすぐに手に入れられるのがM&Aですが、割に合わない金額での買収になってしまうと効率的な事業の拡大を行えません。また買収する事で事業の拡大を達成できてもその事業が将来的に利益を生み出せないものでは意味がないので、企業にとってメリットになる事業拡大を行うべきです。

ミスマッチを防ぐ必要がある

M&Aによって新たな事業を拡大したり、既存の事業を拡大しようとする時はミスマッチを防がないといけません。根本的に企業が必要としない事業を行っている企業を買収したり、企業文化がまったく違って買収後に上手く一つの企業として活動を行うのが難しい企業を選んでしまうとM&Aの効果が低くなります。
M&Aによって得られるメリットは手間をかけずに新しい事業を展開したり、既存の事業の拡大ができるだけでなく既存の利益を出している事業に相乗効果を与えるメリットもあります。その為別の業種の企業を買収する場合でも互いのノウハウを活かしたり、二つの事業をかけあわせて新たなサービスや商品を生み出せる企業を選んで買収するべきです。

© Copyright M&A Seminar.All Rights Reserved.