今更聞けない!M&Aの仕組みと概要

M&Aとは?方法も色々ある

M&Aとは会社の合併と買収のことで、英語での「Mergers and Acquisitions」という言葉を略したものです。日本でも近年行われるようになってきた経営戦略の一つです。
M&Aの目的は会社の存続と成長です。売る側は、資金面において助けてもらうことによって会社の存続を図る場合が多いですし、買う側は、売る側の会社が有している強みを自社の今後の事業に活かしていくことを狙います。
M&Aという呼び名の通り、方法には合併と買収の2つがあります。まず合併は、複数の会社が1つになることです。新しい会社を設立する新設合併と、既存の会社に吸収される吸収合併があります。
一方買収は、1つの会社が他の会社の株式や事業部門を買い取ることです。売る側の会社は存続したまま、一部の支配権だけを譲るというような形になります。

日本におけるM&Aの概要と現状

日本において、M&Aはどのように行われているのでしょうか?実際のところ、合併はそれほど行われていません。理由としては、合併は会社が消滅することになるために従業員などの反発が考えられること、無くなる会社の財産の引継ぎなどの手続きが大変であることが挙げられます。 現在の日本では、会社の株式の一部を譲渡する株式譲渡の形での買収がよく取られている方法です。手続きが簡単で、会社も以前と同じように存続することから抵抗感が少ないことも理由です。 しかし、どの方法でM&Aを行うにしても、価格面での折り合いがつかずに成約に至らないということは非常に沢山あります。売る側は自社への愛着もあるために高い価格設定をしがちですが、買う側からすると投資の1つです。売る側が自社の強みに見合った売却価格を提示することも、M&Aを成功させる秘訣です。

© Copyright M&A Seminar.All Rights Reserved.